平成29年度関西学生野球秋季リーグ戦  第4節 2回戦 近大9 - 2同大


平成29年9月24日㈰、ほっともっとフィールド神戸に関西学生野球秋季リーグ戦を応援に行った。





近畿大学校友会神戸支部からも心強い応援団が来場されている。



今日の私の目的は3つ。

まず、小深田選手の100安打達成の瞬間を観ること。

佐藤選手の特大本塁打を体感すること。

そして、勝利をあげ近大ナインと応援する方々の笑顔を見ること。



試合開始



近大の先発は、小寺兼功投手(3 岡山理大附)。

前日先発の岡田投手と並んで二枚看板に育ってきた。



1回表 小寺投手はピンチを迎えるがなんとか0点に抑える。

1回裏



1番セカンド 小深田大翔選手(4 神戸国際大)、いきなりの100安打達成!



27人目の偉業だ。

2番サード 牧野慎也選手(3 創成館)



ヒッティングに切り替え3塁1塁とチャンス拡大。

3番センター 竹村 陸選手(2 神戸国際大)





待望の先制点。



近大 1-0 同大



4番ライト 谷川刀麻選手(2 星稜)



5番ショート 中川智裕選手(2 近大附)



6番レフト 佐藤輝明選手(1・仁川学院)

二死一、三塁から、ここはチームバッティングに徹し適時打。



7番ファースト 中家健登選手(3 近大附)



8番キャッチャー  川上翔大選手(3・高知)

初回に打者一巡の猛攻で一挙4点を奪った。





3回裏



先頭の中川選手が右前安打で出塁して



打席には、佐藤選手。

ここは是非とも一発を狙ってほしい。



バット一閃、打った~。



打った瞬間それとわかる本塁打で2点追加。

それにしても内角低めの難しい球をよくすくいあげた。



4回裏

一死二塁から谷川選手が



中家選手が



川上選手が気持ちよく適時打を放ち、3点を追加して同大を突き放す。



9点をもらった小寺投手は、9回を完投し今季2勝目を挙げた。





試合終了





近畿大学校友会神戸支部の方々、応援ありがとうございました。

今後、この応援の輪がますます大きくなりますようにと願って…


今日の観戦試合  1勝0敗 
今年の観戦試合  17勝5敗


スポンサーサイト

平成29年度関西学生野球秋季リーグ戦  第1節 2回戦 近大1 - 3立命



秋のスポーツシーズン到来!

まずは、硬式野球部を観戦に西京極、いやいや、わかさスタジアム京都に行った。



最近流行りのこのネーミングライツ、紛らわしいと思うのは私だけだろうか。



球場に足を踏み入れた瞬間の光景。

何度見てもこの光景は絵になる。



入場料1000円(学生は500円)で特等席に座れるのも大学野球の魅力の一つ。



試合開始

近畿大学の先発はドラフト候補の岡田和馬選手(4 南陽工)。



調子が悪いなりに1失点に抑える。

攻撃陣

1番セカンド 小深田大翔選手(4 神戸国際大)



2番ファースト 井町大生選手(1 履正社)



1年ながらスタメンに抜擢。

3番 竹村 陸選手(2 神戸国際大)



4番レフト 佐藤輝明選手(1 仁川学院)



三振でもええ、3球振りぬいたれ!


私が気になるのはこの選手。

5番ライト 谷川刀麻選手(2 星稜)



日本ハム大谷選手バリの二刀流もこなせる身体能力を持ちながら、私が観た試合は泳いだ三振やこすった当たりばかり。


6番サード 中家健登選手(3 近大附)



7番ショート 中川智裕選手(2 近大附)



前日2ホーマーをかっ飛ばしている大型内野手。

8番キャッチャー 川上翔大選手(3 高知)





ピンチヒッター 山川晃汰選手(2 長崎商業)





ピンチランナー 東原大志選手(3 近大新宮)

ピンチヒッター 内田恭平選手(1 佐賀学園)





ピンチランナー 泰地智之選手(3 近大附)

選手総動員だ。

ついに2点を追加される。



リリーフ 松井健太郎選手(1 広陵)



鍵田直宏選手(2 近大附)



駒瀬大武選手(4 市岐阜商)



応援団も俄然ヒートアップ







1点を返して1-3

ここで一発出れば同点。



期待ができる竹村選手。

大きな当たりだったが伸びが足らずセンターフライ。



三浦功也投手(1 明石商)



伊波友和投手(3 美里工)



「代打 山本!」

山本礼斗選手(2 和歌山東)



試合終了。



校歌斉唱、エールの交換でほんとうの終了。

学生スポーツは、これがええねん。

負けてむたけど面白かった。


みんなで応援に行こう!

今日の観戦試合  0勝1敗 
今年の観戦試合  16勝3敗


平成29年度 関西学生野球連盟秋季リーグ戦



いよいよ、関西学生野球の平成29年度秋季リーグが始まる。


平成29年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦



1節 9月2日㈯ わかさスタジアム京都 10時30分 近畿大学 - 立命館大学
      3日㈰                13時00分 近畿大学 - 立命館大学
      4日㈪ 皇子山 3回戦

2節 9月9日㈯ 皇子山         13時00分 近畿大学 - 関西学院大学
      10日㈰                10時30分 近畿大学 - 関西学院大学
      11日㈪     3回戦

4節 9月23日㈯ ほっともっとフィールド神戸 13時00分 近畿大学 - 同志社大学
      24㈰                   10時30分 近畿大学 - 同志社大学
      25㈪     3回戦

5節 9月30日㈯  南港中央         13時00分 近畿大学 - 関西大学
   10月1日㈰                10時30分 近畿大学 - 関西大学
      2日㈪     3回戦


7節 10月14日㈯ ほっともっとフィールド神戸 13時00分 近畿大学 - 京都大学
       15日㈰                10時30分 近畿大学 - 京都大学
       16日㈪     3回戦




なるか、春秋連覇!

近畿大学工学部も敗れる。

第66回全日本大学野球選手権大会第2日(2017年6月6日)神宮球場での1回戦第2試合で近畿大学工学部(広島六大学)は中部大学(愛知)に延長十一回タイブレークの末、1-4で敗れた。

おめでとう!



最優秀選手賞、最優秀投手賞、ベストナイン(投手)

岡田和馬選手(経営4年)



ベストナイン(2塁手)

小深田大翔選手(経営4年)



ベストナイン(外野手)

竹村陸選手(経営2年) 






甲子園カレー





甲子園に野球の応援で来た。



高校野球?

うううん。

阪神タイガース?

ブー!



大学野球。

関西の大学は、甲子園で試合ができんねんど。



甲子園に来たらまずこれを食べらなあかん。



甲子園カレー!



もちろんトッピングは試合に勝つように「かつ」



ほんまにカレーの上に「かつ」をトッピングしてある。

この甲子園カレーは、球場開設当初から野球観戦のスパイス役として愛され続けている。





さて、試合の方はというと…







勝つカレーのおかげで見事に優勝!


近畿大学 8シーズンぶり45回目の優勝!



近畿大学硬式野球部が、8シーズンぶり45回目の優勝を果たした。



2017年5月14日㈰ 場所は、阪神甲子園球場。

これ以上の舞台は無い。



勝ち点4 近畿大学の先勝で迎えた京都大学2回戦。



試合開始。



先発は、ドラフト候補左腕・岡田和馬選手(4年)。



だが、優勝のプレッシャーからか、1回、2回とピリッとしない。


 近畿大学は、2回、一死から中家健登選手(3年)が右前安打で出塁し盗塁を決める。



二死二塁から中川智裕選手(2年)が右中間を破り待望の先制点。



適時三塁打





1-0



 4回、2つの四球で二死一、二塁のチャンスをつかむと牧野慎也選手(3年)のレフトオーバーの適時三塁打で2点を追加する。





がぜん、盛り上がる応援席。



続く谷川刀麻選手(2年)もしぶとく適時内野安打でこの回3点め。



でも、まだまだ気をゆるめたらあかんぞ。




 さらに7回、山本礼斗選手(2年)の右前安打などで二死一、二塁とすると、中川選手がこの日二本目となる適時三塁打を右中間に放ち2点を追加。



 投げては、岡田投手が尻あがりに調子をあげる。



あとひとり。



やったー!

マウンドに輪ができる。



 母校・近大の監督に就任して4年目での初優勝の田中秀昌監督は、5度、宙を舞った。


 2013年夏、部員の不祥事を受けて榎本保前監督が辞任。

後任として監督を引き受けたが、高校生と大学生では勝手が違い困惑された。

特に2016年はドラフト候補生の選手をかかえながら連続5位。

もう後がないところまできていた。


 「次(全日本大学野球選手権)は関西学生野球連盟の代表として、東京に行っても『関西ここにあり』というところを見せたい」と語る田中監督。

 1回戦(6月5日、神宮球場)の対戦相手は、岡山商科大学(中国地区大学野球連盟)。

1996年秋、上宮高校で明治神宮大会を制して以来、神宮球場で指揮をとる田中監督は、次は大学野球で大輪の花を咲かせる。



今日の観戦試合  7勝 
今年の観戦試合  11勝




近畿大学 優勝に王手!



 今日ほどインターネットを見るのが怖い日は無かった。

近畿大学対京都大学戦。

アメフトではない、硬式野球。

普通に戦ったら負ける相手ではない。

しかし、今シーズンの京都はすでに2勝をあげており過去連続5位に沈んでいる近畿にとっては楽に勝たせてもらえそうにない。

しかも、優勝という大きなプレッシャーがかかっている。


インターネットを繋いでみた。

5月12日(金) 於:阪神甲子園球場
第7節  1回戦
第1試合  近大5-2京大

勝ってる!



いよいよ、甲子園球場で近畿大学の優勝が観れる。


みんなで応援に行こう!



以下 関西学生野球連盟‏ HPより

 近大が13安打の猛攻で京大を下し、優勝に王手をかけた。
 近大は3回、小深田(4・神戸国際大附属)の二塁打と内野ゴロで一死三塁とすると、谷川(2・星稜)の犠飛で先制に成功する。
 さらに6回、先頭の佐藤(1・仁川学院)の安打と犠打で一死三塁とし、山本(2・和歌山東)のスクイズで1点を追加する。
その後7回には駒瀬(4・市岐阜商)の左前適時打、8回には牧野(3・創成館)の2点適時打で得点を積み重ねた。
 投げては小寺(3・岡山理大附)が6回を3安打1失点に抑え、3勝目を挙げた。
 京大は最終回に粘りを見せたものの及ばず、敗戦を喫した。

怖いのは慢心と5月13日㈯までに優勝が決まってしまうこと!



平成29年4月30日㈰、大阪市南港中央野球場で行われた関西学生野球春季リーグ戦。

わが近畿大学は、関学戦に連勝し勝ち点を4とし大きく優勝に前進した。


あと、怖いのは慢心と5月13日㈯までに優勝が決まってしまうこと!



以下関西学生野球連盟HPより

近大が連勝し、優勝へ大きくリードした。
 近大は7回に先制を許し、0-1で迎えた8回、二死から谷川(2・星稜)が中前安打で出塁する。続く竹村(2・神戸国際大附)が右翼線への適時三塁打を放ち同点に追いつくと、二死三塁から暴投で勝ち越しに成功する。
 投げては、岡田(4・南陽工)、横山(3・上宮太子)の継投で粘り強い投球を見せ、関学打線を1失点に抑えた。
 関学は、安打数では近大を上回るものの、好機を活かすことが出来なかった。

平成29年度関西学生野球春季リーグ戦 優勝目前



平成29年度関西学生野球春季リーグ戦も大詰めを迎えてきた。

立命館に2勝1敗、同志社、関西に2連勝して勝ち点3をあげているわが近畿大学は、4月29日㈯大阪市南港中央野球場において第五節1回戦 対関学戦を行った。

底力を見せてまたもや逆転勝ち!

今日、関学戦に連勝すればいよいよ8シーズンぶりの優勝が見えてくる。


平成29年4月30日㈰大阪市南港中央野球場

午前10時30分 近畿大学-関西学院大学

ニュートラム「ポートタウン東駅」下車 東へ5分


みんなで応援に行こう!




以下関西学生野球連盟HPより

近大が接戦を制し先勝した。
 近大は初回、竹村(2・神戸国際大附)、佐藤(1・仁川学院)が連続適時打を放ち、先制に成功するも、3回に2点、4回に1点を失い勝ち越しを許す。
 1点を追う4回、佐藤の二塁打と犠打で一死三塁とすると、山本(2・和歌山東)の犠飛で試合を振出しに戻す。
 その後6回に1点を奪われ3-4で迎えた7回、先頭の小深田(4・神戸国際大附)が右翼線への三塁打を放つと、続く牧野(3・創成館)の左前適時打で同点とする。さらに二死三塁から佐藤が右中間への適時三塁打で1点を挙げ、勝ち越しに成功する。
 投げては小寺(3・岡山理大附)、横山(3・上宮太子)の継投で粘り強く守った。
 関学は一時リードを奪ったが、あと一歩のところで勝利を逃した。

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
102位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる