近畿大学体育会水上競技部



競泳用プールには、「短水路」と呼ばれるものと「長水路」と呼ばれるものがある。



「短水路」とは25メートルプールのことで、長水路とは50メートルプールのことだ。


実は、近畿大学に、この「長水路」のプールがある。



クラブセンターの一番奥。

近畿大学校友50万人の中で、このプールをご覧になった方は何人おられるだろう。



スタンドなどの設備も万全。







トレーニング設備も充実。




「オリンピック」「世界水泳」「世界競泳」「日本選手権」など主たる大会は長水路で行われており、競泳の記録と言えばこの長水路の記録のことを指す。(短水路は、キックの回数が多くなるので長水路より好記録が出てしまうため)


この施設の主は、近畿大学体育会水上競技部。

1989年創部という長き伝統があり、多数のオリンピック選手を輩出している名門だ。



近年、低迷していたが、今年のインカレで来年のインカレシード権を獲得。

しかし、このようなことで喜んでいる場合ではない。



目指すは、大きく世界№1!



さて、この東京オリンピックの場所には、何人の選手の写真が貼られるか?






やっぱり、スポーツは、勝たなおもんろない‼


スポンサーサイト

パラスイマー   一ノ瀬メイ選手物語



平成9年3月17日、京都市でひとりの女の子が生まれた。

名前は、「一ノ瀬メイ」

メイは、中国語で「梅」のこと。

後に、梅を校章にする大学に進むとは知るよしもなかった。


右腕の肘から先がない。

「先天性右前腕欠損症」



ここからあとは、この本で…

「私が今日も泳ぐ理由」パラスイマー一ノ瀬メイ 学研プラス発行 本体1350円







第92回日本学生選手権水泳競技大会


 わたしは、常々近畿大学と近畿大学卒業生をつなぐものは食とスポーツやと言ってきた。

食…クロマグロに始まり、近大おいし牛、近大ポーク、近大ぶり、近大キャビア、近大みかん、近大マンゴー、近大なまず、近の鶏卵と枚挙にいとまない。

スポーツ…かつてはスポーツ王国近大を誇っていた。


テレビや新聞で、「近大グルメ」とか「近大勝つ」という文字がでれば、悪い気はしないだろう。



夢 挑戦

近畿大学体育会 水上競技部

1989年創部で幾多のオリンピック選手を輩出するなど名門であったが、最近全国では低迷していた。


2013年11月、かつての輝きを取り戻すため、オリンピックメダリストが、監督、ヘッドコーチへ就任して強化に乗り出す。


監督、コーチ、部員には、強化クラブにも指定され、部長が近畿大学の広報部長であるという誰にも言えないプレッシャーがあったと思う。



そして迎えた、第92回日本学生選手権水泳競技大会。

2016年9月2日から4日まで東京辰巳国際水泳場で行われた。

昨年は、団体戦で、男子が11位、女子が18位。(大学選手権では8位までがシード扱い)

シード扱いになると応援席もプールサイドが確保され、選手の待機場所もあるが、シードから外れると応援席はスタンドの端の方、待機場所は廊下とかの場所を徹夜で並んで確保しなければならないという。


果たして、今年の日本学生選手権で男子7位、女子8位と、男女そろってシード権を獲得した。



やっぱりスポーツは「勝たなおもろない‼」


以下、山本晴基コーチのfacebookから

昨年、浜松で惨敗の帰りの車、監督が私に『すまんな。』と言い。私は『コーチを続けれているのは監督の一言のおかげです。』と応えました。このやりとりを今でもよく覚えています。死ぬほど悔しい思いを2人でして1年間全力でやりました。
シーズン初日の練習は丸刈で行きました。
いつの間にか選手たちは本気になりました。
江口コーチは寮ができた時『自分も住みます』と自分のプライベートを捨てて学生と向き合ってくれました。
管理栄養士の越智は毎晩、仕事の帰り女子寮によって女子学生と話をしてくれて最後に過体重気味だった女子全体の体重を減らしました。
部長にはいつも厳しいお言葉をいただき常にプレッシャーを感じることができました。また社会人として未熟な私をいつも指導していただいています。
副部長はじめトレーナーさん、本当に多くの方に支えていただき感謝しています。
今年の日本学生選手権で男女シード権獲得を達成する事ができました。
1番努力したのは、選手、マネージャー
!!本当に素晴らしい戦いぶりでした。誇りに思います。
ありがとうございました!!

第52回 関西女子学生選手権水泳競技大会 第3日



近畿大学体育会水上競技部女子 総合優勝!


第52回 関西女子学生選手権水泳競技大会が、平成28年7月16日から18日までの3日間、東和薬品ラクタブドーム(なみはやドーム)で行われた。



近畿大学女子チームは、2日目終了時点で150点と2位の武庫川女子大学に54点もの大差をつけている。

女子1部 400m個人メドレー 決勝



第1レーン平石夕華 (近畿大学2年)

第4レーン簑田佳奈 (近畿大学2年)
水泳競技では予選トップの選手が第4レーンにくる。

第7レーン楢崎瑠美 (近畿大学2年)





バタフライ



背泳ぎ



平泳ぎ



そして、クロール(自由形)




いきなり、近大勢ワンツーフィニッシュ!

1位 簑田佳奈 近畿大学  4:50.42

2位 楢﨑瑠美 近畿大学  4:51.60






女子1部 100m自由形 決勝

第1レーン牛塚瑞紀 (近畿大学1年)

第3レーン立花沙奈 (近畿大学1年)





3位 立花沙奈 近畿大学 57.63


女子1部 100m背泳ぎ 決勝

第1レーン柳あかね (近畿大学1年)

第3レーン中谷朱里 (近畿大学2年)  

第7レーン高橋未帆 (近畿大学4年)

武庫女は、背泳ぎが強い。



応援にも力が入る。



3位 中谷朱里 近畿大学  1:04.88


女子1部 200m平泳ぎ 決勝

第2レーン敷地理奈 (近畿大学1年)

第4レーン橋本智美  (近畿大学3年)







前半、リードを許すが、激しく追い上げる。



並ぶ!



出た!



そのまま、フィニッシュ。


1位 橋本智美 近畿大学  2:32.57



第90回 関西学生選手権水泳競技大会 3日目決勝



近畿大学体育会水上競技部男子、総合優勝!


第90回 関西学生選手権水泳競技大会が、2016年7月16日から18日までの3日間、東和薬品ラクタブドーム(なみはやドーム)で行われた。



近畿大学は、2日目終了時点で182点と2位の同志社大学に63点もの大差をつけている。

よほどのことがないかぎり総合優勝は間違いない。



3日目 決勝



さあ、近大選手の登場だ。

男子1部400m個人メドレー決勝

第2レーン本間亘(近畿大学4年)

第5レーン石富凌(近畿大学3年)

第8レーン森山詩稀(近畿大学1年)



スタート



なんと、近大選手が7位、8位。


第8レーンの森山選手が、辛うじて3位に入った。




男子1部 100m自由形 決勝

第3レーン荒川良輔(近畿大学4年)



第4レーン坂田怜央(近畿大学3年)

第8レーン小林蒼平(近畿大学3年)




どの選手も近大の選手に見えてしまう。







激しいデッドヒート!


1着 坂田怜央 近畿大学




3着 荒川良輔 近畿大学







大会新記録

1位 坂田怜央 近畿大学 49.75
3位 荒川良輔 近畿大学 51.37





男子1部 100m背泳ぎ 決勝

第5レーン常磐忠靖(近畿大学2年)

第7レーン姫野幹大(近畿大学1年)

第8レーン竹田昇真(近畿大学4年)







2位 常盤忠靖 近畿大学  57.47
3位 姫野幹大 近畿大学  58.08




男子1部 200m平泳ぎ 決勝



第4レーン後藤弘樹(近畿大学4年)

第6レーン日本雄也(近畿大学2年)







近畿大学勢、ワンツーフィニッシュ!




1位 後藤弘樹 近畿大学  2:14.37



2位 日本雄也 近畿大学  2:15.64





3日間、お疲れさまでした。

今日の観戦試合  2勝0敗  
今年の観戦試合  15勝6敗



近畿大学のマーメイド




この間、近畿大学校友会神戸支部納会に寄せていただいた。

その時、同じテーブルにおられたのが「井口直子」さま。



Facebookで、近畿大学卒業の芦屋のマダムだとは、存じ上げておりましたが、正体が判明した。

在学中は、近畿大学水上競技部でシンクロナイズドスイミングをされていたとか



近畿大学水上競技部にシンクロ部門があったとは全然知らなかった。





まだまだ、知らないことだらけ




アジア大会:男子200背 入江陵介3連覇

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村


第17回アジア大会第7日は25日、当地の文鶴(ムン・ハク)水泳場で競泳6種目の決勝があり、男子200メートル背泳ぎで入江陵介(24)=イトマン東進=が1分53秒26で大会3連覇を達成した。

入江は100メートル背泳ぎに続いて、今大会2個目の金メダルを獲得した。


にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

8/21(木)~25(月)水上競技部 坂田怜央 パンパシフィック選手権出場!

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村


近畿大学(大阪府東大阪市)が選定した「2020年東京オリンピック重点強化指定クラブ」の一つ、体育会水上競技部 から法学部1年生の坂田怜央が、平成26年(2014年)8月21日(木)~25日(月)にオーストラリアで行われる「第12回パンパシフィック選手権」に出場します。自身初の日本代表入りでの出場です。より多くの国際大会で経験を積み、2年後のリオ五輪で現役学生メダリストを目指します。


【本件のポイント】

●国際大会の経験を積み、2年後リオ五輪で現役学生メダリストを目指す
●大学1年生という若さで自身初の日本代表入りを果たしパンパシフィック選手権出場
【第12回パンパシフィック選手権の概要】

■日  時:平成26年(2014年)8月21日(木)~25日(月)
■大 会 名:第12回パンパシフィック選手権
■大会会場:オーストラリア クイーンズランド州ゴールドコースト
■出場選手:坂田 怜央(法学部1年)
■出場競技:100m自由形、200m自由形、200m個人メドレー
        100mバタフライ、(未定:800フリーリレー)

【プロフィール】
坂田 怜央(さかた れお) 法学部1年
生年月日:1996年2月1日生まれ、18歳
過去の成績:第81回日本高等学校選手権水泳競技大会
        男子100m自由形 2位、男子200m自由形2位
        第90回日本選手権水泳競技大会
        男子100m自由形 5位、男子200m自由形 5位
         ジャパンオープン 2014
        男子100m自由形 優勝、男子200m自由形 2位、
        男子200m個人メドレー 3位
コメント:緊張しすぎないように、楽しんで泳ぎたいです。


【本件の背景】

本学は2020年の東京オリンピックに向けて水上競技部、洋弓部、ボクシング部を重点強化指定クラブとしました。その中で水上競技部は、アテネオリンピック競泳男子200mバタフライ銀メダリストの山本貴司監督と、シドニーオリンピック競泳女子200m背泳ぎ銅メダリストの中尾美樹ヘッドコーチのメダリストコンビで、未来のメダリストを育成しています。
今回、法学部1年生の坂田怜央が第12回パンパシフィック選手権に自身初の日本代表で出場します。国際大会の経験を積み、2年後のリオディジャネイロ五輪、7年後の東京五輪でメダル獲得につなげられるよう、この大会で日本代表として世界に挑戦します。
【体育会水上競技部概要】

創     部 : 昭和30年
部  員  数 : 45人(男子25人、女子20人)
練  習  場: 近畿大学クラブセンター 室内50Mプール(東大阪市)
部     長: 世耕 石弘 (セコウ イシヒロ)
監     督: 山本 貴司 (ヤマモト タカシ)
          アテネオリンピック 競泳男子200mバタフライ 銀メダル
          アテネオリンピック 競泳男子400mメドレーリレー 銅メダル
ヘッドコーチ: 中尾 美樹 (ナカオ ミキ)
          シドニーオリンピック 競泳女子200m背泳ぎ 銅メダル
コ  ー  チ: 若林 将也 (ワカバヤシ マサヤ)
競 技 成 績: 日本選手権水泳競技大会 優勝者 18人(46回)
          日本学生選手権水泳競技大会 優勝者 32人(74回)
          第90回日本選手権 長水路(2014年)
          坂田 怜央(法学部1年)
          男子50m自由形8位/100m自由形5位/200m自由形5位
          木村 勇太(大学院1年) 男子200mバタフライ8位

五輪メダリスト 中尾美樹 シドニーオリンピック 女子200m背泳ぎ 銅メダル※2
            奥村幸大 アテネオリンピック  男子400mメドレーリレー 銅メダル※2
            山本貴司 アテネオリンピック  男子200mバタフライ 銀メダル
                                男子400mメドレーリレー 銅メダル
            中西悠子 アテネオリンピック  女子200mバタフライ 銅メダル
            入江陵介 ロンドンオリンピック  男子100m背泳ぎ 銅メダル
                                男子200m背泳ぎ 銀メダル
                                男子400mメドレーリレー 銀メダル
            寺川 綾 ロンドンオリンピック  女子200m背泳ぎ 銅メダル
                                 女子400mメドレーリレー 銅メダル

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

「日本経済新聞」掲載 交遊抄 自信家のコーチ 水上競技部監督 山本貴司


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村



7月29日 日本経済新聞(p.40) 掲載

著名人と親交が深い人物との交遊録や随想を紹介するコラム 「交遊抄」のコーナーに、
近畿大学水上競技部監督 山本貴司のインタビュー記事が掲載されました。


にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

ジャパンオープン2014

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

クラブ名:体育会水上競技部
大会名:ジャパンオープン2014
大会期間:6月19日(木)~22日(日)
主催者:(公財)日本水泳連盟

結果:
平成26年6月20日(金)
坂田怜央(法・1年生)
200メートル自由形
1分47秒99
A決勝2位

平成26年6月21日(土)
坂田怜央(法・1年生)
200メートル個人メドレー
2分00秒30
A決勝3位   

大本遼平(法・4年生)
50メートル背泳ぎ
26秒53
B決勝7位

平成26年6月22日(土)
坂田怜央(法・1年生)
50メートル自由形
23秒05
A決勝5位

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
95位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる