看過することのできない記事



週刊誌。



スポーツ週刊誌は、よく買っていたがめったに買ったことのなかった週刊誌。



新聞の見出しでは、こんなに派手なのに、実際はこんなに地味やったんか。



文春と新潮、2冊とも購入してみた。

それにしても、文春と新潮よう似とる。

まるで色違い。



斉藤由貴背教のW不倫。



どうでもええ記事が…



ところが文春の最後に看過することのできない記事が載っていた。

アマチュアボクシングの記事。

その中には、近畿大学ボクシング部のことも…


ふむふむ、そういうことやったんか!


スポンサーサイト

覇権奪回ならず!



第71回関西学生ボクシングリーグ戦最終戦。

2017年6月25日(日) 対 芦屋大学戦が敵地芦屋大学ボクシング道場で行われた。





昨年の一部復帰から一気に優勝をめざす。

ライトフライ級

芝 力人 対 狩俣綾汰



0ー5の判定負け


フライ級

峯 佑輔 対 廣本彩刀





5ー0の判定勝ちですかさす追いつく。

バンタム級

井上 颯 対 山内祐季



3ラウンドRSC負け


井上 彪 対 藤原優也



追いついたと思ったが1ー4の判定負け。


ライト級

中井 龍 対 上原大尊



1ラウンド負傷0ー5負け

あとがなくなった。

西田凌佑 対 坂口夏樹





4ー1の判定勝ち


ライトウェルター級

中 勇人 対 平仲信裕



優勢のように見えたが1ー4の判定負けで勝負あった。

ウェルター級

岩崎淳平 対 大内瞬也



2ー3の判定負け

アウェイは辛い!


最後のミドル級

細野恭兵 対 新城奈津



北海のエンドレスファイター細野!







1ラウンドRSC勝ち。

覇権奪回はならなかったが、最後に溜飲を下げさせてくれた。

優勝は来年の楽しみにとっておこう。


今日の観戦試合  1敗 
今年の観戦試合  11勝1敗 






第71回関西学生ボクシングリーグ戦



2017年6月4日(日)、関西学院大学ボクシング道場において第71回関西学生ボクシングリーグ戦 第4週目が行われた。
 
近畿大学 対 大阪商業大学

無観客試合となったこの対戦は以下の結果となった。

ライトフライ級
🌕芝 力人 対 伊藤 龍
⭕5ー0の判定勝ち


フライ級
🌕峯 佑輔 対 加藤尚哉
⭕3ラウンドABD勝ち


バンタム級
🌕①井上 彪 対 桑畑凛生
⭕5ー0の判定勝ち

🌕②井上 颯 対 池側 純
×2ー3の判定負け


ライト級
🌕①中井 龍 対 樋口龍誓
⭕5ー0の判定勝ち

🌕②西田凌佑 対 曽田翔貴
⭕5ー0の判定勝ち


ライトウェルター級
🌕中 勇人 対 丸石迅矢
⭕5ー0の判定勝ち


ウェルター級
🌕岩崎淳平 対 矢野翔斗
⭕4ー1の判定勝ち


ミドル級
🌕細野恭兵 対 国本 陸
⭕5ー0の判定勝ち


8ー1で近畿大学の勝利!

これで近畿大学は、難敵・大阪商業大学をを下して通算成績3勝0敗となった。



第71回関西学生ボクシングリーグ戦 開幕戦



待望の第71回関西学生ボクシングリーグ戦が開幕した。

2017年5月7日(日)、第1週目 

近畿大学 対 関西大学戦。

大阪ダービーだ。



場所は、アウェイ関西大学凱風館ボクシング道場において



円陣を組んで気合いを高める。



さあ、今シーズンの幕開けだ。

ライトフライ級

🌕芝 力人 対 棄権

不戦勝


フライ級

🌕峯 佑輔 対 棄権

いきなり連続不戦勝で気勢をそがれる。


バンタム級

井上 彪選手





タオルが投げ込まれる。

🌕井上 彪 対 古郡優士

2ラウンドABD勝ち


井上 颯選手







🌕井上 颯 対 中尾天青

5ー0の判定勝ち


ライト級

中井 龍選手







🌕中井 龍 対 平出拓士

2ラウンドABD勝ち


西田凌佑







🌕西田凌佑 対 ラフトンカイエル喜

3ラウンドABD勝ち


ライトウェルター級

中 勇人







🌕中 勇人 対 李 拳志

2ラウンドABD勝ち


ウェルター級



岩崎淳平選手







🌕岩崎淳平 対 日野魁人

1ラウンドRSC勝ち


ミドル級

細野恭兵選手



🌕細野恭兵 対 棄権



不戦勝

以上、9-0で近畿大学の勝利となった。





今日の観戦試合  1勝 
今年の観戦試合  4勝

超名門 近畿大学体育会ボクシング部





関西学生リーグ(近畿学生リーグ)36連覇、全日本大学王座を10度獲得の超名門 近畿大学体育会ボクシング部。



オープンキャンパスでボクシング教室があると聞き訪問させていただいた。



総監督と名城ヘッドコーチがお迎えしてくれる。

恐縮する。

名城 信男(なしろ のぶお) 

何を隠そう彼は、WBA世界スーパーフライ級チャンピオンなのだ。



リングはもちろん



パンチングボール



ロープ、ダンベル



サンドバッグなど練習環境は、申し分ない。



あとは、覇権奪回のみ。




期待のホープ 細野恭兵選手。

彼は、国体Vをひっさげて、北海道の地から関東を飛び越えて、ここ大阪・近畿大学まで来てくれた。

応援するでぇ!



近大ボクシング部、近大関係者に、ひとつ、お願いがある。



近畿大学記念会館に空調設備を入れて、ボクシングのメッカにしてもらいたい。


低迷している間に関大や芦屋に取られたイニシアチブを取り戻そうではないか!

第70回 関西学生ボクシングリーグ戦 最終戦



2016年6月26日 関西大学

近畿大学体育会ボクシング部 1部復帰元年。

一部昇格即優勝の目もあると思ったが初戦の芦屋大学戦に敗戦を喫し早々と優勝戦線は離脱。

しかし、その後は格の違いを見せつけ三連勝


今日の最終戦を迎えた。

相手は、近畿大学の37連覇を大阪商業大学が止めた後、5連覇をしている龍谷大学。

赤コーナー 龍谷大学
青コーナー近畿大学



LF級 大杉翔太   不戦勝




F級 峯 佑輔   不戦勝



峯選手の試合が観たかった。


B級 吉田京太郎ー橋本純司



吉田京太郎  判定負け


B級 井上颯   不戦勝




L級 ハードパンチャー堤本銀次郎





一発で仕留める。



堤本銀次郎○ー新美 嘉基

1R 2分00秒 TKO勝ち

勝利への王手をかける。


L級 サウスポー西田 凌佑ー森本淳也





西田 凌佑○ー森本淳也 判定勝ち


LW級 石橋 翔





石橋 翔○ー畦山一道

2R 1分02秒 TKO勝ち


W級 細野恭兵





細野恭兵○ー松本悠記久

2R 1分41秒 TKO勝ち




M級神崎 敦志ー鄭 真



神崎 敦志  判定負け


7ー2で近畿大学が有終の美を飾ったが、最終の選手が負けたからなんかしっくり来ん!

来年まで、もやもやが残る。



来年こそ…



今日の観戦試合  1勝0敗  
今年の観戦試合  8勝6敗


近畿大学 厳しい船出




第70回関西学生ボクシングリーグ戦が、2016年5月8日㈰ 関西大学千里山キャンパスボクシング場で行われた。



会場は、凱風館3階で ボクシング競技強化センターにもなっているところだ。


1部 2試合目

7年ぶりに1部に帰ってきた近畿大学と昨年優勝の芦屋大学との一戦。

事実上の優勝決定戦と囁かれていた。



会場は、超満員だ。





LF級 芝力人(3年)-中嶋憂



キャプテン



芝力人●0-3○中嶋憂

先制された。


F級 峯佑輔(2年)-田井





さすが、台北カップチャンピオン。

格が違う。




峯佑輔○(2R負傷判定勝ち)●田井

負傷判定勝ちやけどKO勝ちみたいなもんや!


B級 西田凌佑(2年)-中嶋一





逃げ回る芦屋



西田凌佑●0-3〇中嶋一

芦屋は、逃げ回ったり、挑発的なウィービングをしたりと、とてもさきほど選手宣誓した選手とは、思えない。


B級 井上颯(1年)-山内





チームメートも心配そうに見つめる。

井上颯●0-3〇山内




L級 堤本銀次郎(1年)-上原





二度ダウンを奪う。

判定



芦屋の選手は、うなだれている。


ところが、堤本銀次郎●(判定負け)○上原



L級 中井龍(1年)-大内



中井龍●0-3〇大内



LW級 中勇人(1年)-平仲



中勇人●(1RTKO負け)○平仲


W級 細野恭兵(1年)-西岡





芦屋陣営から赤いタオルが投げ込まれた。



勝利。

さすが国体王者

細野恭兵○TKO勝利(2R2分39秒)●西岡


M級 岩崎淳平(1年)-西村



岩崎淳平●0-3〇西村




近畿大学 2ー7 芦屋大学

惨敗。

しかし、リーグ戦36連覇(近畿学生リーグ、関西学生リーグ)、全日本大学王座10度獲得の近畿大学、このまま黙ってるわけにはいかない。


待ってろよ、芦屋!


今日の観戦試合  1敗  
今年の観戦試合  3勝3敗


学生ボクシング



ボクシングには、「ホームタウンディシジョン」という言葉がある。

これは、地元(ホーム)の選手の応援団が大挙おしかけ、その勢いに圧されてホームに有利な判定がされることをいう。

特にボクシングでは、同時に打ち合ったとき、どうしても沸いた方のパンチが入っているようにみえてしまう。


その典型的な試合が、2016年5月8日関西大学ボクシング場で起こった。



第70回関西学生ボクシングリーグ戦初日第4試合

近畿大学ー芦屋大学





近畿大学の選手が、二度ダウンを奪った。



ところが、判定は赤コーナー、芦屋大学の選手の勝ち。

「どないなっとるねん!」

「おかしいやろ!」

「青と赤のまちがいやろ!」

の怒号が飛んだ。

負けを覚悟してた、芦屋の応援団もびっくりしてたほどだ。


このほかにも、微妙な判定がいくつか…

確かに、最近のボクシングにおいては、できるだけラウンドごとに優劣をつけるように判定するラウンドマスト方式を採用している。

でもこれはひどい。


結局、近畿大学がとったのはKO勝ちの2カードのみ。




しかし、ボクシングが最後の頼みの芦屋大学の応援は凄かった。

会場の半数以上は芦屋大学ファン。

うち学生は

芦屋大学約80人

近畿大学約50人


学生数800人の芦屋にとっては、1割の学生が応援に来てたことになる。

一方、近畿大学は、学生数3万人…


2016年度 第70回関西学生ボクシングリーグ戦  開幕



2016年5月8日(日) 待望の関西学生ボクシングリーグ戦が関西大学千里山キャンパスボクシング場で開幕した。





開会式

優勝カップを持っている昨年度優勝校が来ない。



やっと到着。

選手宣誓



元気がない。


いよいよ試合開始だ。

2部リーグ第1試合

大阪大学 3ー4 桃山学院大学




2部リーグ第2試合

関西学院大学 5ー2 京都産業大学




1部リーグ第1試合

大阪商業大学 6ー3 同志社大学





近畿大学は、後日

近畿大学体育会ボクシング部 新入部員





近畿大学体育会ボクシング部 新入部員

LW級 吉田 京太郎(東福岡高校)  平成27年全国選抜3位
F級  河野 絃輝(日章学園高校)  平成27年高校総体予選3位  
B級  合田 廉太郎(浪速高校)   平成27年全国選抜5位
B級  井上 颯(日章学園高校)   平成27年全国選抜優勝
L級  堤本 銀次郎(興國高校)   平成26年全国選抜優勝
L級  中井 龍(西宮香風高校)   平成27年全国選抜優勝
LW級  中 勇人(興國高校)     平成27年全国選抜準優勝
LW級  細野 恭兵(札幌工業高校) 平成26年国体優勝
W級  岩崎 淳平(中央高校)     平成27年高校総体準優勝 
M級  山田 誠輝(京都廣學館)   平成27年全国選抜3位

LF級 三宅 菖(高松工業高校)    平成27年全国選抜優勝

即戦力の選手も多数入部

楽しみや!




カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
672位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
165位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる