スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近畿大学デビルズ 3年ぶり1部昇格



1部に上がろうとて艱難辛苦も如何ばかりか!



2017年12月10日㈰、兵庫県神戸市の王子スタジアムで関西学生アメリカンフットボールDiv.1-2入れ替戦が行われた。



2015年のシーズンに2部に陥落してから2年間、辛酸を舐めてきた。



昨年も入替戦まで進みながら、気負いすぎミスの連発で自滅して1部昇格とはならなかった。

もう金輪際、デビルズの応援なんかするもんかと何度も思いながら、今日も足はスタジアムに向かっている。



第1Q 近畿大学デビルズのキックオフで試合開始。



相手の攻撃をファーストドライブで抑えデビルズの攻撃だ。



デビルズも攻撃が不発に終わる。

6分35秒 相手のパントキックをブロックしたボールを奪いターンオーバー。







捕球した岸田哲弥選手がそまま走りぬけて先制のタッチダウン!



ポイントアフタータッチダウンも決まってデビルズ7-0とリード。



幸先よい出足だ。



第2Q







その後一進一退でデビルズ7-0の僅差のリードでハーフタイムに入った。







応援部の旗手も交代する。





後半は、場所を変えてメインスタンドから観戦することにする。

第3Q



デビルズのリターンで開始。



攻撃パターンの伝授





9分16秒 敵陣45ヤード付近からのデビルズのオフェンス。



パス



パスをキャッチしそのまま持って入る。





中川雄介選手がタッチダウン。



キックも決まり





デビルズ14ー0

第4Q



11分14秒 敵陣18ヤード付近からのデビルズの攻撃。



野田共彦選手のランを選択。



タックルを受けるが



タックルを振り切り、タッチダウン!



貴重な追加点が入った。



21ー0



5, 4, 3, 2, 1, 0



勝った~!


近畿大学デビルズの3年ぶり1部昇格となった。

今日の観戦試合  1勝0敗 
今年の観戦試合  24勝7敗


スポンサーサイト

今年最後の大一番



今年最後の大一番


2017年12月10日(日)

神戸の王子スタジアム11:00K.Oの近畿大学vs桃山学院大学戦

関西学生アメリカンフットボールの1部2部入替戦だ。

今年の大一番が入替戦というのも寂しいがこれが現実だから仕方ない。


ここで昨年のおさらいをしておこう。

2部リーグ戦は7勝でほとんど圧勝。

順位決定戦でも桃山学院大学に勝って、1部8位の同志社大学との対戦に挑んだ。

2部2位の桃山学院大学が、1部7位の神戸大学に勝利してひと足先に1部昇格を果たしてしまった。

これが結果的に痣になってしまった。

2部2位の桃山学院大学が1部7位の神戸大学に勝っているのに、2部1位の近畿大学が1部8位の同志社大学に負けるわけにいかない。

果たして、インターセプト、ファンブル連発の6ターンオーバー。

7-37で敗れて2部残留となった。


今年は、2部リーグ戦は7勝と昨年と同じ。

順位決定戦で神戸大学に勝っておれば、近畿大学vs同志社大学と昨年のリベンジマッチと相成ったが2部2位となって1部7位の桃山学院大学との対戦となった。

この勝負の綾がどう影響するか?


今シーズンの近畿大学デビルズのスローガンは、TRUST。

信じている。



関西学生アメリカンフットボールリーグ Div2





アメフトが見たくて見たくて、王子スタジアムに行った。



昔は、関学、京大ときて、次は近大やった。

立命なんか目やなかった。

それが今では…


まあそれは置いといて



2017年10月15日㈰、関西学生アメリカンフットボールリーグ Div2  近畿大学対京都産業大学




近畿大学のキックオフで試合開始!


近畿大学の最初の攻撃





ロングゲイン

抜け出したかと思ったら



シューストリングタックル。

シューストリングタックルとは、訳せば靴紐へのタックル、つまりボール・キャリアーの足首をつかむようなぎりぎりのックルのこと。

ゴール前寸前でファーストダウンゴールとなった。



続く攻撃、ランでタッチダウン!



6-0

次の攻撃は



タッチダウンに至らずも



フィールドゴールで9-0

第1Q終了。

エンドをかえて第2Q









タッチダウン!




トライフォーポイントも決まって7点追加。




続いて、クォーターバックからのパスも決まり



またまたタッチダウン



キックも決まり



23-0となった。

前半終了。



さあ、後半



第3Q





素晴らしい走りで抜け出し



そのままタッチダウン!





後半十数秒で7点を入れた。





ターンオーバーから得たチャンスを逃さず





37-0



攻撃の手を緩めず



自陣奥深くの攻撃から二ーダウンしそうになりながらも



持ち直し



相手のエンドゾーンまで走りきった。



ポイントアフタータッチダウンも決まり



44-0

これで、第4Qに二本とって相手を完封すれば試合開始前の目標(私の)は達成できる。



試合終了。

結局、完封もできずに44-7で終わった。



点差だけ見れば大勝だが内容は微妙。

残すは、阪大戦(11/3)、順位決定戦(11/23)、入替戦(12/10)。

昨年の轍は踏むなよ!

今日の観戦試合  1勝0敗 
今年の観戦試合  19勝6敗


関西学生アメリカンフットボール入替戦 敗因



2016年12月11日(日)王子スタジアムで一部の同志社大学と二部の近畿大学とで入替戦が行われた。

ご存知のように近畿大学は、同志社大学に7ー37と惨敗。

この試合の敗因は、どこにあったのか私なりに探ってみた。




まず、ひとつめは、この前の試合で二部2位の桃山学院大学が一部7位の神戸大学に勝ってしまったこと



二部1位の近畿大学は桃山学院大学に勝っている。

一部8位の同志社大学は神戸大学に負けている。

この論法からいけば誰がみても近大楽勝と感じたと思う。

選手もたかをくくってしまった。



ふたつめは、桃山ー神戸戦と近大ー同大戦の間が1時間近くも空いてしまったこと。

近大は、神戸大学が校歌を歌っているのにフィールドに出て円陣を組んで大声を発する。



これは、神戸大学を侮辱したという点でも許せない行為だ。

気負っていた。



みっつめは、同大にファーストドライブでタッチダウンを奪われたこと。



これで、完全に歯車が狂った。

その後、タッチダウンを返して同点に追いつくが、フィールドゴールを決められてリードされる。

試合らしかったのは、第1Qまで

時間は、たっぷりあるのに焦ってファンブル。

ミスを取り返すためにロングパスを投げてインターセプトされる。

焦ってファンブル。

投げてインターセプト。

合計6ターンオーバー!

自滅。


でもいい経験をしたと考えよう。

このVTRを次回の入替戦の時まで毎日部室で流せ!

こうしたら負けるという典型的な試合。



一回りも二回りも大きくなったデビルズの復活を切に期待する!



これまで観た中で最低の試合



2016年12月11日(日)

関西学生アメリカンフットボール入替戦 近畿大学ー同志社大学



リベンジマッチ。

怖いのは気負いだけ。

前の試合で、二部の桃山が一部の神戸に勝っている。

普通にやれば勝てる。


第1Q

キックオフ

ファーストドライブでいきなり先制される。



0ー7

今から今から



ロングゲイン



ゴール前に迫る。



突っ込め~!





タッチダウン!

6-7



すぐさま、追い付く。

7ー7

同志社大学フィールドゴール

7ー10

だが、試合らしかったのは、ここまで

第2Q





オフェンスがインターセプトされ7点追加される。

7ー17

今度は、ファンブル

きっちり、決められて7ー24

まだまだ、これから

またまたファンブル



どないなっとるねん!

前半、終了間際にもフィールドゴールを決められ、7ー27

ついに20点差をつけられた。

ハーフタイム


さぁ、第3Q



点差を縮めるどころか、点差を広げられた。

7ー34

同志社、二本目のインターセプト

また、攻撃権が同大に行った。

攻撃権を取り戻すも、レイトヒットのパーソナルファールで15ヤードの罰退!


第4Qに突入

自陣2ヤードからの攻撃で攻撃しとる気分ちゃう。

やっとロングパスが通ったと思ったらまたファンブル。



ディフェンスは、ロングパスやロングランを決められるは、オフェンスはインターセプト、ファンブルの連続!

3つのインターセプトに3つのファンブル、6ターンオーバー!

これでは、勝てるはずはない。


案の定、7-37で敗れた。




今日の観戦試合  1敗 
今年の観戦試合  20勝9敗


関西学生アメリカンフットボール入替戦



今年最後の大一番。



2016年12月11日(日)、兵庫県の神戸市立王子スタジアムで関西学生アメリカンフットボール入替戦が行われる。

近畿大学スポーツで、今年最後の大一番が入替戦とはちょっと情けないが、是が非でも近畿大学に勝っていただきたい。


11:00 神戸大学(Div.1-7位) - 桃山学院大学(Div,2-2位)

14:00 近畿大学(Div,2-1位)ー同志社大学(Div,1-8位)

相手は、昨シーズン、 14–21で負けた因縁の同志社大学。

倍返しだ!


応援に行くか行くまいか迷いに迷ったけど、決めた!

応援に行く‼



近畿大学が勝てば神戸ルミナリエを見るが、万が一負ければラーメンを食べて帰って寝る。



関西学生アメリカンフットボール デビルズ





スポーツの世界には、必ず強と弱、勝ちと負け、明と暗がある。

試合をするものや応援するものにとっては、強くなって勝ち続けて光があたる場所にいる方がええに決まっている。


ところが、老子の言葉に「柔弱勝剛強」というものがあり、あえて弱い方を選ぼうという趣旨のことを述べられている。


近畿大学デビルズ。

このことを知ってか知らずか、昨シーズン二部リーグに陥落した。



確かにものは考えよう。


一部で負け試合ばかり観せられるより二部でも勝ち試合を観せてくれた方が気分がいい。

強くなっていく過程が味わえる。


もうひとつのいいところは、弱者の立場に身をおくことで強者の事が見えてくることがあるのだ。

二部の厳しさを学んでこい、一部の強さを実感してこい!


2016 関西学生アメリカンフットボールリーグ

9/3 土 神戸市立王子スタジアム 13:30 近畿大学 - 天理大学

9/17 土 EXPO FLASH FIELD  16:00    近畿大学 - 京都産業大学

10/1 土 神戸市立王子スタジアム 16:00 兵庫県立大学 - 近畿大学

10/16 日 EXPO FLASH FIELD  16:00    近畿大学 - 神戸学院大学

10/30 日 神戸市立王子スタジアム 16:00 近畿大学 - 大阪教育大学



関西学生アメリカンフットボールリーグ  二部降格


関西学生アメリカンフットボールリーグ

入れ替え戦

王子スタジアム

近畿大学(Div.1-7位) 14–21 同志社大学(Div.2B-1位)

関西学生アメリカンフットボールリーグ  入れ替え戦


関西学生アメリカンフットボールリーグ

いよいよ今日12月6日、入れ替え戦が行われる。

王子スタジアム

11:00 近畿大学(Div.1-7位) – 同志社大学(Div.2B-1位)

14:00 桃山学院大学(Div.1-8位) – 甲南大学(Div.2A-1位)


やばい!

吹田がえらいことになっとる



エキスポシティ



いよいよ2015年11月19日(木)、西日本最大級の大型複合施設 「EXPOCITY」が開業!!

日本を代表する巨大レジャー空間となるらしい。



そして



外周道路をはさんだ向かいには、ガンバ大阪の本拠地



吹田市立吹田サッカースタジアム



ガンバ大阪は2016シーズンよりこの新スタジアムを使用する予定だ。




でも、ほんまに行きたいとこはここ。


すぐ横のエキスポフラッシュフィールド






ここで強い近畿大学デビルズを観てみたい。




カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
138位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。