近畿大学中央図書館分室



近畿大学は、今年の4月、蔵書約7万冊のうちの30%以上(約2万2千冊)が漫画の図書館を新設するという。

超近大プロジェクトと呼ばれるキャンパス整備計画の一環で25の小部屋を様々な向きに配置するという斬新なデザインになる。

本といい建物といい頭の固い大学界では珍しい。

新図書館は、24時間利用できたり、カフェを作ったり、はたまた事前に登録すれば一般の人も利用できる。

こんな本もあるのだろうか?



少年少女 日本の歴史 学研




こんな本もおいて欲しい。



難しい孫子の兵法や菜根譚がサクサク読める。


この本は、是非ともおいて欲しい。







長編大河漫画  山は動かず 世耕弘一伝



言わんでも置くか。

スポンサーサイト

今、近畿大学で…





何かと話題の多い近畿大学。

西日本だけの枠にとどまらず、日本を代表する大学になっている。



超近大プロジェクト

約400億円かけて本部キャンパスの一部を整備している。

その400億円も自己資本のみで賄うというから驚きだ。



きんだいハニー

工学部のスーパーハチミツを作るプロジェクト。

クラウドファンディングサービスでの支援募集で話題になった。



近大サプリ 青みかん

正式名称は、「ブルーヘスペロンキンダイ」

多くの人を悩ませるあの花粉症に効果があるという。


ますます多方面で発展を遂げる近畿大学。



しかし、気になることがある。

近畿大学のスポーツ

洋弓部、空手道部、相撲部など全国トップクラスのクラブもある。

しかし、硬式野球部、卓球部、バドミントン部など関西無敵を誇ったクラブは低迷、カレッジスポーツの華アメフト部は二部リーグ。

ラグビーのまち東大阪に大学はあるのに、ラグビー部は優勝に絡んだことすらない。



かつて、スポーツ王国を誇った「近大」がどうして斜陽化してきたのか?



近畿大学記念会館



クラブセンター







大学が力を入れているクラブはそれなりにキレイが





老朽化が激しい!



奇しくも、クラブセンターの住所は、東大阪市宝持(ほうじ)



もともと、スポーツ王国という素地があるのに「宝の持ち腐れ」にしないように…

もったいない、もったいない。

今年こそ、近畿大学相撲部が日本一になりますように…



相撲の神様に逢いに、たつのに行った。





相撲の神様ともいわれる「野見宿禰」



野見宿禰は、剛力無双で当麻蹶速(たいまのけはや)と力くらべをして勝った。

これが、相撲の始まりと云われている。



横綱栃錦の直筆「力水」





鳥居をくぐって



参道をどんどん登る。







あと、もう少しだ。



力士の玉垣





野見宿禰は、埴輪を初めて作った人でもある。



「今年こそ、近畿大学相撲部が日本一になりますように…」



既成概念もぶっ壊す大学、近畿大学



新年早々、近畿大学に行く用事があって行ってみた。



門松の竹もにっこりお出迎え。





今、近大では、東大阪キャンパスの一部をぶっ壊して



平成32年(2020年)3月の完成を目指し、東大阪キャンパスの大規模整備をおこなっている。



そのため、敷地の一部は、あちこち立入禁止。








国際学部棟では、こんなポスターも





すべてが勉強中!


既成概念もぶっ壊す大学、近畿大学。

近畿グラブスフィーダ



高校サッカーが前橋育英ー青森山田、バスケットが川崎ー千葉、大学ラグビーが帝京大学ー東海大学。

成人の日に行われたスポーツのテレビ番組だ。


無理やりこじつけて贔屓つくって応援したろ思うたけど、関西どころか西日本のチームすら出てなかった。


帝京大学など無名やけど、ラグビーをかじってるものは、帝京大学ラグビー部のことは、知っている。

東海大学関係者は、東海大学関係者で高校と大学の活躍で年末年始大いに楽しめたことと思う。

もし、東海大学附属仰星高等学校が近畿大学附属高等学校、東海大学が近畿大学にかわっていたらと思うとゾクゾクする。



近畿大学の年始のスポーツにこんなのはどうだろう?

バレーボールVチャレンジリーグⅡ



Vプレミアリーグの下部組織の2部リーグ戦だ。

2017年1月8日と9日の二日間、近畿大学記念会館別館において開催された。



近畿大学生主体の近畿グラブスフィーダ対東京ヴェルディ。



相手は東京とあって、いやがおうにも燃える。



近畿大学関係者は少ないようだが、近畿グラブスフィーダが定期的にバレーボール教室を開いているため教えてもらっている女性や少年少女に潜在的なファンが多い。



試合開始



近畿大学主将の 6 勝 将哉選手。



13 那須野 裕進選手(近畿大学在学生)。



8 小林 洸選手(近畿大学在学生)。



セッター 34 谷口 和也選手(近畿大学在学生)。



ゴーグルがにあう 32 中川 郁也選手(近畿大学在学生)。



リベロ 16 大原 悠選手(近畿大学在学生)。



そして近畿大学卒業生 1 山本 映樹選手。


試合はというと

第1セットを25ー14、第2セットを25ー23でとる。

第3セット20ー25、第4セットを22ー25で落とし

勝負は第5セットまでもつれ込んだ。

15ー10

セットカウント3ー2で、強豪ヴェルディに初黒星をつけた。



やっぱり、スポーツはゾクゾクする。


毎年、この時期に近畿大学で行われるこの大会、近畿大学関係者で盛り上げようではないか!

近畿大学に東京ヴェルディがやって来た!





近畿大学記念会館別館





東京ヴェルディのラモス 瑠偉や!

でも三浦って書いてあるで~

三浦カズは確か背番号11やったような。

どないなっとるねん!


実はこのチーム、バレーボールのチームやねん。



VチャレンジリーグⅡの男子バレーボール大会。



ロゴも文字もJリーグのヴェルディと全く一緒。

大阪人は、このマーク見たら燃えるねん。



応援団を引き連れての来阪やったが、大阪のチーム・近畿クラブスフィーダの前に2-3で敗れた。




今年、近畿大学スポーツに期待すること



年の初めから同志社や天理や関学を応援するのは飽きた。

やっぱり、近畿大学のスポーツを応援したい!


私は、常々、大学と卒業生を繋ぐのは食とスポーツだと言っている。

食に関しては

_DSC8243.JPG

近大マグロ



近大マグロカップ麺



近大みかん



近畿大学有路教授監修 なまずの蒲焼き



近大マグロかつ巻と話題にことかかない。


ところが、スポーツはどうだろう。

ラグビー部は、そこそこ強くなったがあと一歩、アメフト部は、二部滞留、硬式野球部に至っては春秋連続5位。

かつて、関西無敵を誇ったボクシング部、バドミントン部、卓球部は、永い間関西の覇権すらとれない状況が続いている。


そこで、今年最低やってもらいたい希望を書いてみる。

野球部…春夏のリーグ戦のどちらかで優勝に絡む。

ボクシング部…関西覇権奪回!

相撲部…西日本はそこそこでいいので、堺で日本一を!

ラグビー部…リーグ戦初優勝!

アメフト部…一部昇格。


厳しい目で見て、温かく応援しようではないか!




近大卒業生は、100% 近大です。

駅伝は楽しい!



駅伝は、観ていて楽しい。



全員で戦っているのがひしひしと伝わる。



これは、2016年12月25日、西脇工業高校横にある複合施設Miraieというところで行われたパブリックビューイングの様子。

女子

第一区

田中 希実選手



第二区

高橋 ひな選手



第三区

大西 結菜選手



第四区

戸田 朱音選手



第五区

後藤 夢選手



名前の通り夢を繋ぐか!



最後、外国人留学生とのデッドヒートを制して二位フィニッシュ!

初優勝は逃したが、来年の楽しみにとっておこう!


続いて男子



6位入賞!


よくやった、男女とも、これをあげよう。



金メダルならぬ「金ごま最中」





西脇で収穫された金ごまを国産ライスパフ、クルミ、生クリームたっぷりキャラメルヌガーと合わせ最中の皮に入れ焼き上げたサクサクの食感のお菓子。

このお菓子も各食材が力を合わせて最高の味を出している。

kajitsuで販売 



関連ランキング:ケーキ | 新西脇駅



初日の出



初日の出



あけましておめでとうございます。



まるで、みかんのようだ。


最近、人気急上昇の播磨冨士こと高御位山。



天の邪鬼のいなかさんは、あえてこの山をはずして4つほど隣の山を登った。



名もなき神社にお参りする。



隣には、八紘一宇碑が

「八紘一宇」とは、第二次大戦中、日本の海外侵略を正当化するスローガンとして用いられたことばで、これをいいといえば語弊がある。

しかし、世界をひとつの家にするととらえればいい言葉だ。

登山口



落ち葉がいっぱいあるけど広くて登りやすそうな道や。



つづら曲り



このあたりから道が細くなり急になる。



高圧線の鉄塔が見えた。





大きな岩肌が見えてくる。



視界が開けてきて、着いた!

うん?ちょっと違うような。



もうひとつ向こうの山だった。





目指しているのは向こうの山の中腹(写真では左端)にある太閤岩だ。





太閤岩とは、加古川市西神吉町辻の北側の岩山にある岩。

太閤さん(豊臣秀吉)が志方城を攻めたとき、この岩に腰をおろして軍の采をふるったと言い伝えられている。


着いた!

この太閤岩からの眺望は素晴らしく、志方町を初め、高砂の海、加古川のまち、明石海峡大橋や淡路島まで一望できる。

まるで天下をとったようだ。



そう思って見れば、岩の色も金色に見える。

座ったろ。

「天下、とったぞ!」





ここまできたら、もうちょっと足を延ばして行ってみてほしいところがある。



ここからは、険しく岩肌が続く。



あった!



米相場中継所跡



今は草木が茂って廻りがよく見えないが、昔はこの場所も見晴らしが良かったのであろう。

ところどころ風化して読めない看板によると、『ここは昔米相場中継所  していた所である。明石の方を見ては  に出て  大きな旗を振り姫路の方を見ては旗を振り一日のうち幾度となく繰り返していたものだ。明石と姫路の中間にあって米相場の中継をしていたのである。天気の良い日には村なかでも旗を振っているのがよく見えたものである。それは明治時代の頃の話である。電信と電話の発達が旗振りを不要にしたのである。志方町誌より』

山を登ったときのお楽しみ



みかん





うまぁ~!


本年もどうぞ宜しくお願い致します。

謹賀新年



謹賀新年

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

全力で近畿のスポーツに関することを書きます。


近畿大学はじめ近畿のスポーツに関することならどんなことでもかまいませんのでありましたらお知らせください。







カウンター
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
220位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる