南海ホークスメモリアルギャラリー



大阪ミナミにあるショッピングモールの屋上。



一歩足を踏み入れると、ひときわ目を惹く、日本シリーズチャンピオンフラッグ。



1959年、南海ホークスが打倒読売ジャイアンツを果たした時のものだ。


右手には、杉浦忠監督のユニフォーム。



南海ホークスでの大阪球場最終戦。


「行って参ります」

人生からも行ってしまった。



その横には、1964年、御堂筋決戦といわれた阪神タイガースとの日本シリーズの品々。






鶴岡監督のスタジアムジャンパーだ。



後方には、昭和34年のビデオを流し、周りには南海ホークスの輝かしい歴史を紹介してある。



投手



森口 益光投手がおらへん。


打者



西浦敏弘選手もおらへん。


野手



あれっ!あの人もいない。


そう、
南海の顔ともいえる野村克也選手・監督だ。

南海ホークスのキャッチャー、四番打者、監督と三足のわらじを履いて、南海ホークスには多大な貢献をした人物である。



過去に何があったかしらんが、ようこんな扱いをするなぁ。




藤原 満氏

昭和44年から57年 1354試合 4797打数 1334安打 打率..278  本塁打65 打点413

昭和43年ドラフト4位で近畿大学から入団。


思い切りのいいバッティングをするリードオフマンだった。


この方は、書いてあった。




にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
102位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる