超近大プロジェクト



近畿大学HPより



近畿大学(大阪府東大阪市)は平成32年(2020年)の完成を目指し、東大阪キャンパスの大規模整備を行います。本学の新たなシンボルとなるタワー棟(地上11階・高さ57m)、3学部(法学部、文芸学部、外国語・国際系学部<名称未定>)の新校舎及び従来の機能を一新した図書館などを建設いたします。
さらには、グローバル機能を集約した『インターナショナルフィールド』、日本最大規模の座席数を備え、24時間対応の自習室が核となる『ナレッジフィールド』、社会の窓口となる機能(産学連携・就職支援・卒業生・地域)に特化した『オープン・キャリアフィールド』、学生・教職員の交流の場となる食堂・カフェ・ラウンジ『アメニティフィールド』、といった4つの『フィールド』を創り出します。本整備は平成37年(2025年)に迎える大学創立100周年を見据え近畿大学史上最大規模の約400億円を投じ、日本でも屈指の教育・研究環境を誇るキャンパスとなります。
本計画においては、多分野の知をまたいで関係性をつなぐ「編集工学」を創始し、情報編集や日本文化研究の多様な実績でも知られる(株)編集工学研究所 所長の松岡正剛氏をスーパーバイザーとして迎え、大学の概念に囚われない斬新なアイデアで、計画に参画して頂きます。本学としても松岡氏と協働しこれまでにないキャンパス作りを「近大は近大を超える!」をキャッチフレーズとし、「超近大プロジェクト」を推進して参ります。



【ポイント】

●近畿大学史上最大の約400億円を投じた大規模なキャンパス整備計画です。
●自習室(2,400席)を24時間開放することにより、いつでも学べる環境を整えます。
●松岡正剛氏を起用し、本学の実学の精神である「実学」と松岡氏の「編集工学」をMIXさせた全く新しい図書館スペースを創造します。

【東大阪キャンパス整備概要】

名   称 : 近畿大学東大阪キャンパス整備計画
所 在 地  : 大阪府東大阪市小若江3-4-1
工   期 : 平成25年(2013年)9月~平成32年(2020年)3月
総事業費 : 約400億円
延床面積 : 約85,000m²
構   造 : 鉄骨構造 (Ⅰ期工事)
設計事務所 :(株)NTTファシリティーズ 
         (文芸学部新棟、外国語・国際系学部<名称未定>棟、図書館棟、
          インターナショナルフィールド、ナレッジフィールド、
          オープン・キャリアフィールド、アメニティフィールド等)
         (株)安井建築設計事務所(法学部新棟)





●図書館棟 <地上2階 鉄骨造 延床面積:8,500m²>

小部屋〝実学セル″が25カ所ほどランダムに配置され、学生は自由に語り、学び、情報を発信します。実学セルは図書館の機能を持ち、それぞれの合計で6万冊のKEY BOOK(本のセレクトショップに置いてあるような洗練された本)を用意し、学生の知的好奇心をかき立てます。この空間はオール近大として取り組む、21世紀型の社会的諸問題に立ち向かう「選抜型プロジェクトセル」です。
「近大マグロ」「バイオコークス」に続く、本学にしかできない課題解決策を導き出す空間となります。




■ナレッジフィールド

<地上5階 鉄骨構造 延床面積:6,500m²>
日本最大級の2,400席を有する自習室です。
24時間使用することが可能で、学生の学びをサポートします。
学習風景が可視化できる構造で、他の学生の学習意欲を刺激します。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
807位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
192位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる