新生「KINDAI」野球部



2016年4月9日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で関西学生野球連盟春季リーグ戦が行われ、新生「KINDAI」野球部のお披露目となった。



近畿大学体育会硬式野球部は、昭和24年創部

昭和37年に昇格してからは、リーグ戦 優勝44回(旧関西六大学含む)

全日本大学野球選手権大会 優勝4回、準優勝5回

明治神宮野球大会 優勝2回 を誇る超名門クラブだ。

1997年は、春・秋のリーグ戦、全日本大学野球選手権大会、明治神宮野球大会、全日本アマチュア野球王座決定戦、全てに優勝し史上初のアマチュア五冠を達成している。

現在、全日本アマチュア野球王座決定戦は廃止されているため、今後この記録が生まれることはない。




近畿大学は、最近、マグロ、なまず、キャビアなど食べ物で話題を提供しているが、かつてはスポーツ王国を築いていた。

ボクシング部、卓球部、バドミントン部など関西無敵を誇っていたものだ。


中でも、相撲部と野球部は、近畿大学初代総長世耕弘一氏の肝煎りで創部された歴史があるため特別な存在だった。



2016年新生「KINDAI」野球部のスターティングメンバー発表



1番 セカンド 小深田 (3年 神戸国際大)

2番 サード   吉田 (4 金沢)

3番 ライト   竹村  (1 神戸国際大)

4番 レフト   谷川 (1 星稜)

5番 センター  宮本 (3 神戸国際大)

6番 ファースト 安井 (4 東海大山形)

7番 ショート   中川智 (1 近大附)

8番 キャッチャー 川上  (2 高知)

9番 ピッチャー   畠   (4 近大福山)


失礼ながら1番小深田選手と9番畠投手以外は、見たことも聞いたこともない選手ばかり

それもそのはず、この内3人が1年生なのだ。

3番 ライト  竹村






4番 レフト 谷川






7番 ショート 中川智裕








気になるのが、選手層の薄さ

ベンチ入りメンバー以外の人数が20人足らず




2、3年後が楽しみというより、故障者が出た時が心配だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
797位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
197位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる