変わりゆくスポーツ雑誌



「変わりゆくスポーツ雑誌」と題して、2016年5月28日付けの朝日新聞朝刊にこんな記事が掲載されていた。



…スポーツ雑誌の「代名詞」的存在である『スポーツグラフィックナンバー』が、4月14日発売で通算900号を迎えた。文藝春秋が、日本初のスポーツ総合誌として1980年に創刊。…

1980年と言えば、近鉄バファローズが二回目のリーグ優勝を達成した年である。





創刊号に掲載された故山際淳司氏が書いた「江夏の21球」は野球ファンならずとも大変な話題となった。

前年のプロ野球日本シリーズ 近鉄バファローズ対広島東洋カープ第7戦最終回の攻防の人間ドラマだ。

私は、この状況を小雨降る大阪球場で観ていた。



その後も、ナンバーは、F1ブーム、Jリーグ開幕、若貴ブーム、サッカーWカップ初出場、サッカーWカップ日韓共催など時代の空気をとらえた内容が多かった。


しかし、そのスポーツ雑誌(ナンバーも含めた)の推定発行部数も1997年のピークから減り続けているという。

インターネットも普及してスポーツの結果だけを求める人にとっては情報源が雑誌である必要性がなくなったのだ。


かくいう私も現在ではスポーツ雑誌は一冊も買わなくなった。




さて、スポーツ雑誌の未来は…


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1024位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
258位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる