遅すぎた勝ち点




関西学生野球秋季リーグ戦。

低迷を続けていた近大硬式野球部が意地を見せた。

9回表を終わって0-2、しかも相手は優勝戦線を突っ走る立命。

もうあかんと思った。


2点を追う9回裏、近大は相手のエラーで出塁すると、末武選手(東大阪大柏原)の安打、犠打で一死二三塁。

1年生の竹村選手(神戸国際大附)の左中間を破る適時二塁打で、試合を振り出しに戻した。


そして迎えた延長12回裏、先頭の竹村選手が安打で出塁すると、犠打で一死二塁とし、山野選手(桜宮)の中越サヨナラ適時二塁打で勝負を決めた。



やっと、勝ち点1.


立命から勝ち点あげたん何シーズンぶりやろ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
222位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

inakazusan

Author:inakazusan
近畿 大学スポーツ研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる